会議室をバーチャルオフィスに

基本的にバーチャルオフィスはそれを管理する会社があり、バーチャルオフィスとして登録すると住所はその会社の住所、自分のバーチャルオフィスを登記する際はその代行や、バーチャルオフィスあての郵便物・宅配物の管理をしてくれます。ただし、バーチャルオフィスはあくまでも「仮想」。そこで仕事をしたり作業をすることはできません。郵便局「私書箱」の延長のようなものだと思っていただければいいのではないでしょうか。

しかしいくらバーチャルといっても打ち合わせなどは相手先と顔を合わせなければならないときもあります。相手先に出向くことができないはどこで打ち合わせをすればいいまた、都心や県(都道府)庁所在地でも最近はビルの空き室が増えてきています。これをこのまま放置していても管理に経費がかかるばかり。そこで、こういった空き室を会議室として使用できるようになっているものもあります。使用料金もお手軽なものが多いので独立起業する人だけでなく、SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)の方にも利用されている方が増えてきています。作業は自宅でできますが、打ち合わせに自宅を使うのは都合が悪いですよね。そんなときに貸し会議室は重宝されています。

会議室をバーチャルオフィスに