メリットとデメリット

バーチャルオフィスは起業しようとしている人にはとても頼もしいシステムです。もちろん、物事にはメリットとデメリットがあります。特に会議室については用途をよく考える必要があります。

最近はカラオケ屋さんでもレンタルルームのサービスを始めているところがあります。歌は歌わずに会議などで利用されていますようです。一ヶ月10000円の定額コースもありますので気心知れた仲間内なら気軽に利用できるのではないでしょうか。

基本的に会議室の定額コースは一ヶ月20000円からが多いですが、それを回収できるだけの売り上げも確保しなければならないのがデメリットでしょう。これはバーチャルオフィスのサービスの他にかかる経費ですので導入には慎重に検討することが必要です。また、バーチャルオフィスはそれを運営する会社の住所を使用しますので、複数の事業者に対して同じ住所である可能性は大いにあります。取引先に怪しまれる場合もありますので運営会社の選択にも充分気をつけましょう。

ともあれ、自分でやりたい仕事をやる、そんな目的のある人にとってはバーチャルオフィスはとても便利です。会議室はリアル・オフィスはバーチャルと上手に使い分けてビジネスを成功させましょう。

メリットとデメリット

会議室をバーチャルオフィスに

基本的にバーチャルオフィスはそれを管理する会社があり、バーチャルオフィスとして登録すると住所はその会社の住所、自分のバーチャルオフィスを登記する際はその代行や、バーチャルオフィスあての郵便物・宅配物の管理をしてくれます。ただし、バーチャルオフィスはあくまでも「仮想」。そこで仕事をしたり作業をすることはできません。郵便局「私書箱」の延長のようなものだと思っていただければいいのではないでしょうか。

しかしいくらバーチャルといっても打ち合わせなどは相手先と顔を合わせなければならないときもあります。相手先に出向くことができないはどこで打ち合わせをすればいいまた、都心や県(都道府)庁所在地でも最近はビルの空き室が増えてきています。これをこのまま放置していても管理に経費がかかるばかり。そこで、こういった空き室を会議室として使用できるようになっているものもあります。使用料金もお手軽なものが多いので独立起業する人だけでなく、SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)の方にも利用されている方が増えてきています。作業は自宅でできますが、打ち合わせに自宅を使うのは都合が悪いですよね。そんなときに貸し会議室は重宝されています。

会議室をバーチャルオフィスに

会議室の有効利用を

社会人なら一度は「いつまでも雇われ人生ではなく、一国一城の主となりたい」と思ったことはあるのではないでしょうか。しかし独立して起業しようとすると、事務所を構え、電話・FAX・オフィス家具・事務用品などをそろえなければなりません。事務所の家賃・敷金だけでもかなりの負担になりますよね。さらに設備を整える必要もありますからある程度の資金が必要。しかしそれがネックになって独立起業に二の足を踏む人も少なくありません。

そんなときにバーチャルオフィスを利用されてみてはいかがでしょうか。バーチャルオフィスとは事務所住所・電話やFAX番号など、起業するのに必要最低限のものを提供してくれるサービスです。バーチャルは「仮想の」という意味ですから、実際のところその住所に事務所が存在しているわけではありません。電話も代行サービスの場合もありますが、自分の名刺に事務所の所在地と電話番号などが記載できることは相手先への信用につながりますから最近は利用している人が多いのです。

ただ、どうしても取引先と面談して打ち合わせをしなければならないときがあります。さすがにそういうときは「バーチャル」では都合が悪いですよね。最近、ビルの会議室をバーチャルオフィスとして貸し出しをしているところがあります。会社だけではなく、閉店した店舗、旅館やホテル、カラオケ店などでも時間貸し・月極めでバーチャルオフィスの運営をしているところもあります。

通常の業務はバーチャルオフィスを利用、顔を合わせる必要があるときは会議室を利用、と目的に応じた使い方ができるのが合理的ですよね。この記事では会議室をバーチャルオフィスとして利用することについてまとめてみました。

会議室の有効利用を